先日パタヤに行ってきました。

とてもオープンな街でしたが
片言の英語と日本語では暮してゆくのには少々難儀です。

今、パタヤの男の子とメールで毎日やり取りをしていますが
本気かどうかはお互いわからないでしょう、多分。

パタヤから帰ってきて、日本人の傲慢さがとてもいやでした。
出来るなら人間らしく(自分らしく)暮してみたいと思います。
そのためには日本ではだめなのだなあとも思います。

自分の田舎、パタヤ、沖縄そんな選択肢を持っています。
しかし、日本にしかないものを捨て去ることが出来るかどうか・・・。
老後、金銭的には苦しくなると思います。

その中で、日本しかないものを求めるために帰国する旅費を捻出するのは非常に難しい。
今は金銭的にも肉体的にも精神的にも悩みはありません。

ただ、私は東京が嫌いなのです。また、今流行の「田舎暮らし」をするには
家族が必要です。ゲイが家族を求めても所詮は性(さが)に流されてゆくのは目に見えています。

東京脱出するつもりでパタヤの地を選びましたが(旅行)、
享楽と孤独の繰り返す中で、孤独と自分の戦いのほうが辛かったです。
また、パタヤには行きたいと思います。

しかし、一人で行くものではないと思いました。夜はお金を出せば孤独から抜け出て享楽へ転じますが
昼間はどんなに頑張っても孤独しかありませんでした。

各ホームページに書いてあるような、「BOYと一日中居れる」「24時間料金=1000バーツ」なんていうことは
ありませんでした。ほんの短い時間で、「明日は学校」といって去ってゆきました。
虚無感でしたね。

ただ、この孤独に会ったからこそ、今まで変に冷めていた自分が少し人間らしくなったような気がします。

♫やしの木ひできより

パタヤーにいらっしゃったのですね

お金で孤独が癒されることはありません
お金は単なる道具です
これは昔から変わらぬ事実です

ただ道具はうまく使えば幸福をつかむ手段になり得ますが

ホームページに書いてあることを鵜呑みにしてはいけません
ホームページの情報はたいていは主観であり、事実とは違います

人が孤独になるのは自分を中心に物事を考えているからだと思います
誰かを助けたい、誰かを喜ばせたいという思いに満たされている場合
その人は孤独を感じることがありません

日本人はお金を払ってサービスされることに慣れきっています
完璧なサービスを受けることに慣れすぎています
だから相手を思いやることがおろそかになっているのではないでしょうか

あなたが買ったのは一時的な孤独解消剤であり
薬が切れるとまた孤独は戻ってきます
それは麻薬であり、禁断症状はかえってひどくなるでしょう

タイで快楽が安く買えるというのは大間違いです
もっとも高い快楽がそこにはあるのです

あなたが買ったのは男の娼婦であり
娼婦は娼婦でしかないのです

売春はあなたから金銭だけでなくいろいろなものを奪ってゆきます
健全な孤独や健全な思いも取り去ってゆきます

そこには余計傷ついた自分があるはずです
あなたを無償で愛してくれる娼婦はいません

でもそれを知っていて買ったわけですよね

だから仕事が終わった娼婦はあっさりと家に帰すのが流儀です
娼婦に好かれたらそれこそ大変です

あなたが言っていたように
こんな仕打ちにあったからこそ
自分のなかの何かが目覚めたのかもしれません

徹底的に冷たくされると
かえって愛を感じるのかもしれませんね

あなたにはまだ愛があるのです

そんなことを男の娼婦さんは教えてくれたのかも
しれませんよ

One Reply to “先日パタヤに行ってきました。”

  1. 最近パタヤの老後生活を夢見ています。今はアメリカに住んでいるのですが何しろ物価が高くなって今後どうなってしまうのかと心配になっています。 そこでタイには行った事がないのですが物価が安いという事で興味がとてもあります。どんな情報でも良いのですが教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です