昨年他界した父の

最後の数年間の Dementia をまざまざと見せ
つけられましたので、自分は絶対にあのようにならないように
と心がけています。日本にいたらきっとダメでしょうね。日々
新たな驚きのある外国暮らしのほうが、脳には刺激になると思
っています。

目下の悩みはタイでの活動範囲が非常に限定されていることで
す。タイ語の勉強と日本語教授以外には殆ど何もやっていませ
ん。もっとタイ社会とのつながりを持ちたいですが、言葉の壁
などがあってうまくいっていません。

♫やしの木ひできより

壁があるということは2つの選択肢があると思います。
1つは壁の前で嘆き退去すること、もう1つは壁を乗り越え先に進むことです。

タイ社会とのかかわりを持ちたいのであれば、後者以外に選択肢はないように思います。
タイ社会にスマイルすれば、思わぬ大きなスマイル返しが戻ってくること請け合いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です