30代、私はゲイではないですし、

これまで老後のことについて考えたこともなかったのですが、
せっかくなのでこの機会に考えてみますね。

私は女性なので、昔は結婚して、こどもを産んで、、と別にこれといった
望みもなく、「こうなりたい」と強く思ったこともありませんでしたが、
現在は、これから先、結婚するかどうかわからない。こどもを産むかど
うかもわからない。
のわからない状態です。(もちろん女ですので、こどもを産もうと思え
ば産めるのですが、、)

老後の不安・・
やはり、金銭的なことになるでしょうか?
今の私の仕事は一生できるものではありません。。老後というより、
10年後、20年後の不安がまずあります。

どうやって、暮らしていくのか?稼いでいくのか?です
もう一つは、孤独に耐えられるのか?です
今は、一人でいるのが好きで、孤独というものに恐れはないのですが、
周りの友人たち、仕事、家族、そんなものがなくなって、
ほんとうに、一人になった時にその状態に耐えられるのか。。
それは不安に思います。

悩み・・
これは、女だからの悩みかもしれませんが、書いてもかまいませんか?
こどもを産むかどうかです。

産まなくても、こどもを育てるかどうかです。(養子としてでも)
好きな人ができて結婚すれば、それはこどもを産む可能性はありますが、
そうなった(結婚した)として、産もうかどうしようかが、悩みです。

これは、老後の為(世話をしてもらうとか)ではなくて
人間を育てないで、一生を終えていいのかどうかという悩みですが。

♫やしの木ひできより
ストレートの立場からご意見をありがとうございます
ゲイ、ストレートにかかわらず老後の問題は深刻ですね

ですが、30年前(私がちょうど10歳かそこら)は老後のことなんて
ことさら話題にはならなかったようにおもいます
昔は将来が不確定だったからです

平均寿命だの平均余命だのいろいろ将来の計算ができるようになってしまったので
人間は悩みだしたのだと思います、
肝心なことは何一つ予測できていないのにおかしいですね

明日が必ずくるとの確信があるから、かえって不安が増大しているのだと思います
本当はそんなことはないのですがね

女として愛する男性と結婚し、子どもを生むことは無上の喜びに思えますが
こと現代においては、必ずしも幸福な生き方といえるのでしょうか
それはまっとうな世の中ではありえることだと思います

結婚よりも離婚が増加している昨今、結婚の誓いがいかにむなしいか
楽しそうにしている家族がいかに仮面家族かを
皆は知っています

だから結婚に踏み切れない、子どもを生む気にならないのではないでしょうか

昔は考えるひまなどなく、どんどん子どもを生んでいた
考える必要はなかった
それで幸せだった

子どもは大家族のみんなに育てられ自然に成長していった

ところがいまは子どもをもうける前に考えてしまうのです
子どもとは授かるものなのにです
出産を自分たちの利己的な「計画」に組み込んでしまうのです

現代日本を見回すと子どもを生んでも何も良いことがないように思えます
幼児には虐待が、小学生には誘拐が、中学生にはいじめが待っています

これ自体、何かが変化しているように思えて仕方がありません
だから結婚=出産=子育てが定番の幸せと考えるまえに
ご自身の心の声に従ってよいのではないでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です