30代、私もタイに住む、日本人♀です。旦那がタイ人なので住んでいます。

アンケートに私なりの考えを書き込みさせていただきます。

日本での老後を迎える事について、どんな生活が待っているか?~を考えると、まず政府からの援助金、支援などは期待出来そうもありませんよね!?

でも、だからと言って、タイでの生活が日本より良いとも言いがたい!(大地震が無いだけ良いかも!?)

私自身、結婚して10年になろうとしていますが、子供は居ませんし、作る予定も今のところありません・・・・。

一人っ子なので、親孝行の為にも子孫は残すべきなのかもしれませんが、でもこれからの将来のことなど考えると、『産まれて来て良かったね!』~ともいえそうにも無い世の中になる可能性もありそうだし、

別に私の子孫が無くたって、地球は回るのだし、ましてや自分の老後の為の保険代わりに、子供を残すのにも気がひけます。そういう意味では、貴方と同じような立場です。

もし、旦那が先立つか、離婚するかして居なくなれば、私は日本に帰りたいと思うかもしれません。

それは、心を開いて話し合える日本人の友人が居るからなのだと思います。

“タイは安くて住み易い”と言われますが、不便の無い生活をしようと思えば、それなりにお金も掛かると思います。

それに、医療機関への不安、生活環境への不安等など、考え出すとキリがないようにも思えます。

実は、私の両親が私を追って、来年からタイで一緒に住む事になるのですが、年老いた両親をタイで生活させる不安はあります。

うちの母が、こちらの私立の病院にお世話になった事があるのですが、所謂外国人が良く行く病院であっても、医療に関しての未熟さが診て取れました。

それは、まぁタイ人特有の洞察力の無さから来ていたものかもしれませんが、高い金を払う割には、日本の市民病院並のケアしか出来ないんだな・・・・と、思いました。

・・・・・で、私自身の老後への考えですが、

日本でもタイでも、ある程度の経済力が必要なのだと思います。

仲間で一緒に住むのにしても、それでもお金は必要になります。

子孫を残して豊かな老後を迎える人も居れば、子孫を残したばかりに寂しい老後を迎える方も居ますし、

子孫は無くても、仲間に看取られ幸せな最後を迎える人も居ると思いますし、隠棲生活の末、寂しく骸に成り果てる人も居る事でしょう。

人間誰しも、人生のターニングポイントに入ると、自分の老後や死後を考えるようになると思いますが、(私も漏れなくそういう仲間のひとりです。)

老後に実際何処で迎えているかは今は濃霧の中。

でも今出来る事は、働いて老後何処で暮らすことになっても困らない資金を貯めることですね・・・・・。

かといって、私は決して働き者ではないので、どれだけ貯められるか??ってことの方が悩みの種ですか!?

♫やしの木ひできより
ストレートの立場からご意見ありがとうございます。
結婚していれば孤独ではない、タイに移住すれば物価が安くてすべてよし、ということではないのですね。

この言葉が心に響きます
「子孫は無くても、仲間に看取られ幸せな最後を迎える人も居ると思いますし、隠棲生活の末、寂しく骸に成り果てる人も居る事でしょう」

結局、完璧な国家、完璧なシステムはないんですね。
国家が自分たちの面倒を見てくれなくなった現在、自分たちで行く末を決めなくてはならなくなったような気がしています。

ただまだ日本国民は国家というものを親代わりに思っている人が多いと思います。そういった意識から抜け出せないのだと思います。

個々が中心で生きる時代がもっと進めばそれなりの解決策が出てくるように思います。

私たちは意味あってこの世に生まれてきました。その意味を感じるときがきっとやってくると思っています。

ゲイもストレートも寂しく骸に成り果てることのないよう協力して知恵を絞りたいと思います。ありがとうございました。

2 Replies to “30代、私もタイに住む、日本人♀です。旦那がタイ人なので住んでいます。”

  1. タイに住む日本人♀こと、カイケムです。
    老後の事、10年前の私なら決して考えませんでした。
    でも、人生のターニングポイントを越えた今、度々考えますね。
    結婚はしていても、どちらかが先立つと思いますし、子孫も残せそうでないようなので、どちらかが見取られずに死を迎える事になるかもしれませんから、そりゃあ不安はありますね。
    ところで、やしの木さんは、ゲイでなくても入居できるのでしょうか?
    それなら、老後お世話になってみたいかも~!!

  2. ひでけんさん、はじめまして。人生の一大ターニングポイントを迎えた初老です。ご両親をタイに迎えての生活、お仕事、大変でしょう。でも常夏の国でも言葉が通じなくても身内のところがいいのでしょうね。親孝行を存分にして差し上げてください。どんな子供でも子供は子供です。理解あるご両親ですね。ゲイの方は、両性を具備されていて細かいところも気がつきますし、生活の面倒もみられます。孝行したいときは親はなし、では悔やまれます。お仕事も頑張ってください。いつか機会がありましたら訪問させていただきます。

カイケム にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − 12 =